今年の二月に八丁目でオープンしたバー・ラルゴは、青山店に次ぐ二店舗目。オーナーの石原さん(三十七歳)は、二店を行き来する忙しい毎日を送っているが、それを支えているのは二十代の修行経験と言えそうだ。
 若干二十三歳でサントリースクールに入学、数年間を福西英三氏に師事する。その後数件のバーで修行を重ね、平成七年に青山店で独立を果たしている。
「オーナー、スタッフともにまだまだ若いこの店ですが、“大人の街・銀座”で成長していければ…と思っています。お客さんも男性で三十代から四十代、女性客は二十代から三十代なので、共に育っていくような店にしていきたいですね」と話す。
 店はスタッフ二名で切り盛りしているショット・バースタイル。夕方六時から、朝四時まで営業しているのが心強い。カルバドスを中心に、カクテル、ワインといった品揃えで、オツマミも二十種と豊富だ。なかでも、シュパーズパイ、ハギスグラタンは、試してもらいたいメニューの一つになっている。



[店名]ショットバー ラルゴ
[カテゴリー]ショットバー
[電話番号]03-5537-2482
[住所]中央区銀座8-6-8 福田ビル地下1階

 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)