「元々OLをしていたんですが,お酒好きが高じて、気がついたら、この世界に飛び込んでいました」と語る「セブン圭」のママ、橘高圭さん。銀座のクラブで3年ほど経験を積んでから、昭和48年4月に独立した。当初は銀座5丁目でオープンしたが、その後6丁目の今の場所に移り、40年以上の歴史を持つ老舗バーである。お店はカウンター主体で、グループのお客向けにボックス席もある。ママと、ママの妹さんを中心としながら、よく気がつく女の子たちがおもてなしに努めている。「昼間、お仕事で、羽根を休める間もなくがんばってらっしゃるお客様の、心の止まり木になれたらと、いつも思っています」そう語るママの人柄が、そのままお店の雰囲気を作っている、和やかで温かなバーだ。左写真のオールドのボトルは、開店の時のもの。初心を忘れないように、いつもお店に置いてあるのだという。いまだに、ママのOL時代からの飲み友達が通ってくるという話もうなずける。初めてのお客様でも、いつのまにかなごんで、うちとけてしまう優しい空気が流れているお店である。
 システムは、セット料金でボトルが入っていれば、8,000円。季節の小皿料理が3品~4品付く。カクテルはお好みでオーダー。ボトル12,000円~。お客様の年代も幅広く、おいしいお酒と、楽しい会話と、うれしい笑顔を、大人のくつろぎの中で満喫できる。
  そして、もうひとつご紹介したいのが、ママのゴルフ好き。キャリア30年、腕前男まさり(?)、ホールイン・ワン3回、今も月2~3回コースへと、本格的。お客様と楽しむコンペも定期的に主催しているので、同好の士にはさらに通う楽しみがふえるのでは…。ともあれ、この店には、銀座らしいやすらぎの時間が流れている。

 



[店名]セブン圭
[カテゴリー]バー
[電話番号]03-3574-7474
[住所]中央区銀座6-9-13 第一ポールスタービル B1
[営業時間]18:00~24:00
[定休日]土・日・祭日
[予算]8,000円~
[席数](テーブル)10席 (カウンター)10席
[フロアレディ]4名
[カラオケ]カラオケ
[予約]可能 [カード]可能
[開業年]1973年4月

 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)