「お客様のひとりひとりが、料理を美味しく食べていただける空間を目指しています」と語るのは、ピアノパブ三坪ロマーナのピアニストであり、オーナーの息子でもある南健太さん。美味しい食事は、目と舌と耳で味わうもの。ロマーナでは、40種類におよぶ極上の料理が味わえる。30坪余りの空間には、南欧をイメージさせる絵画や調度品が置かれている。そして、南健太さんによる生演奏が、夜のひと時を過ごす客を満足させる。
 お酒もビール、ワイン、ウイスキー、カクテルと多種多様。特に、かつて一流ホテルのバーテンダーだったオーナーの南健蔵さんが丹精をこめてつくるカクテルの味わいは秀逸だ。健蔵氏は東京オリンピックの時、各国の記者やカメラマンたちが集まるプレスハウスでもシェーカーを振ったという逸話の持ち主。
 料理は、スープ、サラダ、肉・魚料理、パスタ、飲茶などが800円から1.500円程度で食べられる。特におすすめは、若い女性に大人気の創作料理。なかでも、ハーブサラダ トマト詰め(1200円)やマグロのタルタル ガーリックトースト添え(1,500円)、和牛のたたき風カルパッチョ(2.000円)、豆腐とじゃこのピリ辛蒸し(1.000円)などが人気のメニュー。また、1人5.000円のフルコースは飲み物込みで堪能できる。さらに、偶数月の月末の3日間は、1人8.000円の食べ放題も実施している。
 ライブは8時から11時まで30分ごとにピアノの演奏が行われ、12時以降はやはり30分ごとにバンドの生演奏と女性ボーカルで構成されている。システムは、セット料金6.000円(女性は3.000円)プラスサービス料10%でオードブルが付く。
 三坪ロマーナという店名は、昭和47年に新橋で3坪の店から始めたことに由来する。その後10坪になり、現在の33坪と、店は大きくなっていったが、いつまでも創業当初のおもてなしの気持ちを忘れないようにと名を残してあるそうだ。




[店名]三坪ロマーナ
[カテゴリー]パブレストラン
[電話番号]03-3574-0704
[住所]中央区銀座6-3-11 西銀座ビル6F
[営業時間]月-金18:00~2:00 土18:00~23:30
[定休日]日・祝
[予算]6,000円~12,000円
[席数](テーブル)25席 (カウンター)19席
[フロアレディ]6名
[カラオケ・生バンド]ピアノ生演奏、生バンド、ボーカル
[予約]可能 [カード]可能
[開業年]1972年
 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)