創業は1997年とまだオープンして4年目だが、マスターの毛利隆雄氏はキャリア35年。サントリーのカクテルスクールの講師を15年以上務め、若手のバーテンダーに影響力をもつベテランだ。
ミスターマティーニと呼ばれた今井清氏を師と仰いで、日本のバーのルーツともいえる東京會舘でバーテンダー修業を始め、数々のバーでその腕前を披露してきた。そのこだわりは材料と味。
「シーバースブラザー社で出しているブードルスジンには特に思い入れがあります。重たくて、甘みがある。ブードルスマティーニを流行らせたのは私です。」と語るマスター。
 オリジナルカクテルの「ラムのマティーニ」は、ハバナクラブの7年ものにドニゾロイのドライシェリーでステアーそしてロックスタイルにする。また「吉野」は、奈良の桜の名所吉野山から取ったネーミングでウオッカベースにグリーンティーリキュールと塩抜きした桜の花を沈めたカクテル。色と香りのハーモニーが楽しめる。女性に人気の作品だ。
「カクテルは、レシピだけではなく、必ず味見をする。雑見のきり方に熟練がいる。プロなら味のバランス感覚を磨かなくては駄目だ。」と味には妥協はしない。1983年ANBAのカクテルコンペティション関東大会で2位に入賞。1987年ローマで行われた世界大会(味と技術で1位)に出場してから、この道で食べていこうと決めたとか。
「商売だけを考えていたら、もっと早く独立してたでしょうね。職人気質なんですかね、いいものをつくることにだけ集中しているうちに年月がたってしまいました。50歳にして初めて自分のお店をもちました。」
 チャージ1.500円、カクテルは1.300円~。お通しは、コンソメスープとナッツ、そして最後に冷凍ライチ。コンソメスープを出すのは、胃を守る為とひと息ついてもらうのが目的だ。酒は400種類、これで充分だそうだ。料理は、パスタ、ピザ、チーズの盛り合わせ、ソーセージの盛り合わせなど、600~1.500円。今後の目標は、若者を育てることだという毛利氏。「将来は漢方を使った薬酒をつくりたいと思っています。」
 



[店名]モーリ・バー
[カテゴリー]ショット・バー
[電話番号]03-3573-0610
[住所]中央区銀座6-5-12  銀座千代田ビル10F
[営業時間]月~金18:30-AM3:00  土18:30-AM23:00
[定休日]日・祝
[予算]5,000~7,000
[席数](テーブル)12席 (カウンター)12席
[フロアレディ]なし
[カラオケ・生バンド]なし
[予約]可能 [カード]可能
[開業年]1997年9月17日
 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)