「BAR B-2」のオーナー池本行男氏は、ホテルのバーテンダーとして約30年のキャリアを持つスペシャリストだ。帝国ホテルに始まり、英国のロンドンに渡りヒルトンホテル、チャーチル、そして伝統と格式のサボイホテル、そのグループである女王陛下御用達の「クラリッジス」で、バーテンダー資格を得た。
 サボイホテルは「スコットランド無しにウイスキーは語れず。サボイ無しにカクテルは語れず」といわれ、今ではお馴染みのギムレットやホワイトレディなどジンをベースにしたカクテルの発祥の地である。
 その後横浜のホリデーイン、新宿ヒルトンホテルアシスタントビバーレジマネジャーを勤め、銀座東武ホテルを最後に平成10年に独立した。
 「BAR B-2」のお勧めは、本場のサボイカクテルと氏が集めた300種類あるウイスキー。中でもグレンモーレンジ10年、ラガヴーリン16年、グランモア12年、オーバン14年などスコットランド各地の蒸留所が生み出すシングルモルトスコッチには力を入れている。また、スコッチウイスキーの原酒をバーボン、ポートワイン、シェリーなどのカスク(樽)で熟成させたものを楽しむことが出来る。さらにウイスキーを知りえたマスターのうんちくを聞きながら、マスターのオリジナルブレンドもぜひ試したい一品だ。
 またオリジナルカクテルは加山雄三氏が名づけた「ペコ」がお勧めだ。ヨーグルトリキュールにオレンジジュース、グラナダンシロップをカクテルしたもので、甘酸っぱくてとても繊細で女性向きのカクテル。
 食事は「薄切りピザ(900円)」が人気。またイタリアのカナッペの「イタリア風ブルスケッタ(800円)」や特製のすね肉を3日間煮込んだ「ビーフシチュー(1,200円)」なども絶品だ。
 場所は銀座8丁目西5番通りウォータータワービルの隣、フローレンスビル2階。システムはチャージが1,000円。スコッチウイスキーが1,000円から、カクテルは1,200から。
 シックな雰囲気で落ちついて、ゆったり楽しむ大人のバーだ。 
 



[店名]BAR B-2
[カテゴリー]ショットバー
[電話番号]03-3571-8807
[住所]中央区銀座8-6-8 フローレンスビル2F
[営業時間]月~土17:00-AM2:00
[定休日]日・祝
[予算]1ドリンク1,000円~
[席数](テーブル)10席 (カウンター)8席
[フロアレディ]なし
[カラオケ・生バンド]なし
[予約]可能 必要  [カード]可能
[開業年]1998年6月

 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)