「レフティー」は左利きのこと。天才レフティー○○などとスポーツ選手を賞賛するときなどに用いられるが、ママいわく「いい酒飲みのこと」を言うそうだ。
 「『いいお酒のみの方が多く集まればいいな』と思ってつけたのです」と語るママの藤林みね子さんは、北海道の富良野市出身。上京してOL時代に銀座のクラブでアルバイトをしたのがきっかけで、8丁目の大箱のクラブでチーママとして活躍するまでに至った。
 「個人のお金で出来るような店をつくりたかった」と語るように平成5年に独立してこのお店を開いた。不況にもかかわらず店は盛況だ。
 その理由は、ママのいつでも明るく元気なキャラクターは、勿論のこと、若くて可愛い女の子たちが、常時4名ほどいて、それぞれOLや学生、女優志望の子などみんな個性的で明るい子が揃っていることが、大きな要因だろう。
 また料金システムもセット料金で一人なら15,000円、二人なら13,000円、3~4名なら12,000円、五名以上なら一人10,000円で、ハウスボトルなら飲み放題という良心的な価格だ。おつまみもフルーツの盛り合わせなどもサービスで出てくるのが嬉しい。ボトルをキープしたい人は、ウイスキーが10,000円から、ワインも5,000円から
各種揃っている。しかも開店月の2月は、ボトルキープが無料になっている。おおらかなママと素敵な女の子がいて、ついつい足が向いてしまう店だ。
場所は8丁目の花椿通りとソニー通りが交差する角、ワタナベファーストビルの4階。
 



[店名]レフティー
[カテゴリー]スナック
[電話番号]03-3571-5420
[住所]中央区銀座8-4-2 ワタナベファーストビル4F
[URL]http://www.lefty.jp
[営業時間]月~金19:00~24:00
[定休日]土・日・祝
[予算]10,000円~
[席数](テーブル)20席 (カウンター)7席
[フロアレディ]4名
[カラオケ・生バンド]カラオケ
[予約]可能  [カード]可能
[開業年]1993年2月

 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)