去年の年の瀬もせまった十二月、六丁目の丸善ビルにオープンした『FLAGSTAFF(フラッグスタッフ)』。この聞き慣れない店名はオーナーの工藤康雄さんが、旅行したアメリカ・アリゾナ州の、ある街の名から採ったもの。バーボンをはじめとする地酒のチェックが、その旅行の目的のひとつだったようだ。
 二十歳前後でこの世界に入り、バー『銀座・池田』のオープニングスタッフとして、十一年六ヶ月勤め上げてきた工藤さん。この間にカクテルの技術を身につけ、今では、お客さんの要望に応じてオリジナルカクテルをお出ししすることも。全国大会に出した“ベイビーリップ”は、ファションフルーツを使ったウオッカ・ベースのカクテルで、工藤さんの代表作のひとつになっている。
 店でお出しするオツマミは自家製のピクルス。季節ごとの旬の野菜を使ったものに人気がある。定番のキュウリ以外にアスパラ、かぶ、ズッキィーニなどいろいろで、盛り合わせにして楽しんでもらうわけだ。
 現在、お店はカウンターを中心に約二十席。工藤さん一人で切り盛りしているが、そこは若干三十五歳、活気が途切れることはない。
「世界のさまざまな酒を視野に入れ、その一つひとつに存在する“お酒の物語”と文化をひもときながら、のんびりと蘊蓄(うんちく)を語り合えるようなお店にしていきたい…」という工藤さんでした。
 



[店名]FLAGSTAFF
[カテゴリー]バー
[電話番号]03-3571-3001
[住所]中央区銀座6-7-9 丸善ビル5階

 


copyright 2002-2008 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)