東日本大震災GSK第一次義援金¥3,360,000 矢田中央区長を通じて日本赤十字社へ


     一般社団法人銀座社交料飲協会(GSK)は、この度の東日本大震災復興を期して、第一次義援金として¥3,360,000を寄付いたしました。3月12日、中央区役所に澤木GSK会長が矢田中央区長を訪ね、直接お渡ししました。矢田区長は、現在日本赤十字活動の中央地区長として中央区における義援金活動の中心として奔走しており、またGSKの活動に日頃からご賛同いただいております。

     GSKでは引き続き、各店舗に義援金箱を設置し、募金活動を展開中しております。被災された方々の生活はこれからが、いよいよ現実のものとなっていき、今後の義援金こそ大切な一助としていただけるのではないかと考えます。GSKは小さなお店の集まりでありますが、東日本出身の方も多く、被災者への思いは人一倍強いものがあります。微力ではありますが、これからも精一杯の気持ちで応援して参りたいと存じます。

    一般社団法人 銀座社交料飲協会
    会長 澤木義平



    左から、GSK・小池理事長、中央区・矢田区長、GSK・澤木会長、GSK・神谷事務長 (3月12日、中央区役所にて)


 
copyright 2011 (c) G.S.K (銀座社交料飲協会)